生活 can do✕『いっぽ にほんご さんぽ』

 にほんごの会のテキスト『いっぽ にほんご さんぽ暮らしの日本語教室』は、その名のとおり生活の中で役立つ日本語、日本語参照枠における生活can doを実現するための日本語学習を目指しています。

 また、日本語参照枠における生活can doは、実生活で日本語を使ってどのようなことができるのかに注目して包括的な枠組みを示し、これを参照・活用してカリキュラムを作ることで、学習者に対する具体的で、効果的な教育が可能になるとされています。

 にほんごの会では、日本語参照枠における生活can doとテキストの双方を突き合わせ、テキストを使って日本語教育を行う際に自ずと生活can doが実現されることを考え、各課で目指す生活can doを示していくこととしました。

 ぜひ参考にしていただき、みなさまのご意見をいただければ幸いです。

 

1.生活candoをテーマにカリキュラムを作ってみる

生活candoをテーマとして、必要な課を素材として構成しました。A1レベルを想定しています。

2.『いっぽ にほんご さんぽ』2 ✕ 生活cando

『いっぽ にほんご さんぽ』初級2の20課から25課で、該当するcan doを挙げてみました。

これを使って、can do をテーマとしたカリキュラムを構成することができます。